2020年海水浴シーズン到来!

まもなく梅雨も明けそうな頃。2020年海水浴シーズンがいよいよ到来です。新型コロナの影響はまだ続き例年のようには楽しめない状況ではございますが、各海水浴場には消毒液なども設置しています。感染対策にご協力いただきながら楽しんでいただけたらと思います。
北浦、須美江には新しいスポットも登場!ぜひそちらもチェックしてください!

 

海開き合同セレモニーの様子

2020年7月11日(土)、北浦町の下阿蘇ビーチにて海開きの神事、延岡市海水浴場合同セレモニーが行われました。神事では海水浴場運営期間の安全を願い、関係者による玉串奉奠などが行われ、延岡観光協会の谷平代表理事より挨拶がありました。また、合同セレモニーにでは、ご来賓の延岡市副市長である中間弘氏、延岡市議会議長の松田和己氏よりご挨拶を頂き、ピカケフラシスターズによるフラダンス披露が行われました。セレモニーの最後には、2020のべおか若鮎レディの川野遥香さん、池田奈々恵さん、小村みなみさんが、下阿蘇ビーチ近隣のおすすめ情報をパネルを用いて紹介しました。

 

 

 

 

☆おすすめ情報☆道の駅北浦 「カンカン焼き」

地元でとれた岩ガキ1kg、緋扇貝5枚、サザエ3個、カンカンとコンロがセットになった「カンカン焼き」がスタート。およそ15分で旨味たっぷりの魚介が味わえます。現在はスタート特別価格で3,500円。また、道の駅北浦でヒオウギ貝やサザエを800円以上購入の方には、カンカンとコンロを貸し出し、物産館の飲食スペースで食べることも可能。持ち帰りやカンカンの地方発送も行っています。
※特別にSHIMOASO CAFEで撮影しております。

道の駅北浦
住所:延岡市北浦町古江3337-1
電話:0982-45-3811

 

☆NEWオープンのお店紹介☆

SHIMOASO CAFE(北浦町 下阿蘇ビーチ)

昨年2019年に神奈川県から移住された田村夫妻が手掛ける「SHIMOASO CAFE」が、7月末にオープン予定。一家と愛犬のゴールデンレトリーバーと共に、サーフィンやアウトドアレジャーを楽しむことが多く、宮崎県にもよく足を運んでいる中で、子どもや愛犬がのびのびと過ごすことができる環境に移住を考えていたとの事。現在は延岡市の美味しい海の幸、食材の新鮮さを堪能しながら、アウトドアレジャーを満喫する開放的な生活を満喫しているのだそうです。
カフェは1年かけてコツコツと自分たちの手でリノベーションし、ビーチリゾート感あふれる店内になっています。メニューはコーヒーや紅茶、ハーブティをベースにしたアレンジドリンクや、パスタ等のフード、プチケーキセットやかき氷などのスイーツ、さらに、オーナーおすすめの地ビールやカクテルなどが並びます。また、テラス席や「わんわん広場」を設置し、愛犬と共にカフェタイムを過ごすことができます。海水浴期間中は海の家として運営し、その後はカフェだけでなく、アコースティックライブ等も企画予定。
※最新情報はホームページよりご確認下さい。

SHIMOASO CAFE
住所:宮崎県延岡市北浦町古江3300-17
営業時間:10:30〜
ホームページ:http://shimoaso-cafe.com/
お問い合わせ:北浦町地域振興課 0982-45-4238

HOLIDAY HOUSE NIPPO(須美江町 須美江海水浴場そば)

民宿が閉館後、長年空き家だった建築物をヤグミ建築(代表:山口熟氏)がリノベーションを手がけ、レンタルスペースとして2020年7月11日(土)に運営スタート。ヤグミ建築をはじめ、このはな不動産や建築関係者等とともに空き家再生を手掛ける中で、「HOLIDAY HOUSE NIPPO」はその第一号。DIYやリノベーションが注目されている現在において、建築者として日頃からスマートでスタイリッシュな活動をすることで、「大工さん」のイメージを払拭し、これからたくさんの若手を育成したいと考えているのだそう。
こちらの建物は長年放置された間にシロアリに侵食されており、その上、潮風による劣化が進行していましたが、建築の現場で出た廃材等を再利用しながら外装・内装ともに手をかけて生まれ変わりました。その過程が見て取れるように、シロアリが侵食した松の梁を補強した状態を展示するようにデザインされた天井や、フィルムがむき出しにした内壁、コンクリートを固める鉄製の枠の錆を落として磨き、切りそろえて再利用した階段など、リノベーションの技術が散りばめられています。
今後は、コワーキングスペースや会議、個展やブライダルなど、様々なアイデアによって利用可能です。

HOLIDAY HOUSE NIPPO(須美江海水浴場すぐそば)
利用お問い合わせ:このはな不動産
電話:0982-35-1758
ホームページ:http://konohana-f.com/

特にゴールデンウイーク期間中に延岡においでになる予定の皆さまへ

4月23日、読谷山洋司延岡市長より、宮崎県外の皆様に対して「観光地や関連施設などのご利用をご遠慮ください」というメッセージが出されました。

【読谷山洋司延岡市長メッセージ】
宮崎県外にお住いの皆様は、帰省・出張や旅行(特にGW期間中)の来県をご遠慮ください。
延岡市では、公共施設の利用中止や市民の皆様への感染予防対策の徹底の呼びかけなどをすることによって、絶対に感染者を出さないための取り組みをしています。
政府は、4月7日に新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため緊急事態宣言を発令し、4月16日にはその対象地域を全国に拡大し、都道府県をまたぐ移動自粛などの要請を行いました。
県外の皆様は、今年のゴールデンウィークを含む5月31日までの期間は、延岡市内の観光地や観光施設の利用をご遠慮いただくよう、延岡市としてもお願いいたします。
本来、ゴールデンウィークの時期には、県外の多くの皆様に、延岡の豊かな自然や美味しくて健康に良い食を満喫していただきたいのですが、大変残念です。
新型コロナウイルス感染症が終息した折には、ぜひとも皆様に延岡に来ていただきたいと思います。
その日を楽しみにさせていただきながら、しばらくは私共も「辛抱の日々」を過ごさざるを得ませんので、ご理解とご協力をお願いいたします。

ひむか本サバ&へべすブリフェア開催!

のべおか自慢のブランド魚
ひむか本サバ&へべすブリフェア開催!

延岡市が誇る北浦の秀でた養殖技術を食べて体感!

フェア開催期間は
・ひむか本サバ 令和2年2/22(土) 〜3/29(日)
・へべすブリ 令和2年2/22(土) 〜3/15(日)
となっています。
詳しくは下記チラシを御覧ください。(クリックで拡大します)

ひむか本サバ&へべすブリフェア

ひむか本サバ&へべすブリフェア

 

へべすブリ祭り開催!

令和2年1月20日(月)〜3月15日(日)
宮崎県が誇る北浦町の秀でた養殖技術を食べて体感できる「へべすブリ祭り」を開催!期間中は宿泊券やへべすブリがあたるスタンプラリーも開催。詳しくはチラシをご覧ください。

島のプライベートビーチへ日帰り修学旅行 開催!

 離島・島野浦にて、“延岡しまん大学”の第2回授業「島のプライベートビーチへ日帰り修学旅行」が開催されます!

 会場は島野浦に渡った後、さらに小船でしか上陸できないプライベートビーチ「影の浦」にて。
 初心者でも楽しめるビーチヨガ、島の魚介をふんだんに使った浜鍋、流木キャンプファイヤーでプライベート空間を堪能していただきます。

 ヨガ講師のAyumiさんは延岡市駅前複合施設エンクロスでも講師を務めており、通常のヨガのほか、マタニティヨガやキッズヨガ、パステルアートのインストラクターも行っています。

 また、ビーチに着いてヨガの前に流木でキャンプファイヤーを行い、まずは神秘的な雰囲気を作ります。流木キャンプファイヤーはビーチを綺麗にするという一躍も買っています。

 さらに、浜鍋には島の水産業社協力の下、島で獲れた魚介類を中心に鍋を行います。ヨガで汗を流したあとに新鮮な食材を使った鍋を大自然に囲まれて味わうことができます。

 ぜひご参加ください!

[日 時]2019年10月22日(火・祝)11:35~17:45

[教 室]延岡市島野浦 影の浦ビーチ

[定 員]20名

[参加費]大人(中学生以上)4000円、小学生3000円

[持ち物]動きやすい服装、羽織れる服、ヨガマット(バスタオルでも可)、タオル、着替え、飲み物

[申込み]お申込みや詳細確認は下記フォームより(先着順)
     https://forms.gle/LDHGjAECXyZ8kaHq5
[お問合せ」島野浦未来会議 三浦
(電話:090-2507-2313

第33回きたうら納涼花火大会画像集

8月16日(金)に延岡市北浦町古江港で「第33回きたうら納涼花火大会」が行なわれ約3,300発の花火が北浦の漁港から打ち上げられ夜空を彩りました。前日までの台風10号の影響で予定されていたプログラムが一部中止となりましたが、午後16時の開場とともに古江港には、町内外からたくさんの見物客が訪れました。

会場風景

よさこいソーラン演舞 / 北海道大学「縁」

 

北浦町さくらシール会 ガラガラ抽選会

 

その他会場の様子

 

灯船による会場ライトアップ〜実行委員長挨拶

 

花火の打ち上げ

 

 

2019年のべおか海開きセレモニー「 須美江海水浴場」

 7月13日(土)延岡市内の三つの海水浴場(下阿蘇、熊野江、須美江)では、海水浴シーズン中の安全を祈願する神事が行われ一斉に海開きとなりました。「須美江海水浴場」では神事と共に海開きのセレモニーが行われました。オープニングセレモニーにて、「目指せ2020年!空港発、みやざきブーゲンビリア植栽プロジェクト」ブーゲンビリア贈呈、「北浦中学校」の学生による民舞とソーラン節が披露されました。その後、読谷山市長を始めとした関係者によるテープカットが行われました。
※セレモニーでの「ピカケフラシスターズ」「初泳ぎ」は雨天のため中止となりました。


▲須美江海水浴場にて 左から川野遥香さん、のぼるくん、大島桃子さん、みやざき犬の「かぁ」くん、黒岩結佳さん

目指せ2020年!空港発、みやざきブーゲンビリア植栽プロジェクト」ブーゲンビリア贈呈セレモニー

このプロジェクトは、宮崎空港ビル様と宮崎県、航空会社様が中心となり、平成2710月に選定された宮崎空港の愛称「宮崎ブーゲンビリア空港」の浸透を図り、また、県外からのお客様をお迎えする「おもてなし」として県内の景観美化を図るため、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催までに県内全域にブーゲンビリアの植栽・贈呈などを行っていこうというものです。市町村への贈呈は、延岡市が18番目となります。

 

神事〜テープカット

先日、旭化成株式会社様より「のべおか若鮎レディ2019」へ贈呈された水着のお披露目